Skip to contentSkip to navigation menu

市民のエンゲージメントは最大化されていますか?

SAP で官公庁・公共機関における市民エクスペリエンスを向上させましょう

SAP:デジタル市民を引きつける

官公庁・公共機関は、新しい方法で市民に対応し、市民を説得し、市民と協力する必要があります。どの活動もシンプルで、わかりやすく、パーソナルでなければなりません。ソーシャルメディアやモバイルアプリから、セルフサービス Web サイトまで、SAP のオムニチャネルソリューションは、このようなパーソナライズされた交流を可能にします。

SAP:いつでもどこでもパーソナライズされたサービス

市民はワンストップショッピングに慣れています。それが行政機関のサービスであっても、速くて、便利で、シンプルなサービスを求めます。市民対応向けの SAP オムニチャネルソリューションは、さまざまなチャネルで最先端のデジタルサービスを提供して、これらの要望に応えます。

好みのチャネルを使用して常時接続のパーソナライズされたサービスで処理を完了できるよう支援して、市民により快適なサービスを提供しましょう。反復作業についてはヒントを示して、市民の時間を節約し、プロセスの複雑さを軽減しましょう。

SAP によるサービスのシンプル化と生産性の向上

SAP ソリューションはデータの共有を容易にし、市民と行政機関が各機関の間で情報を簡単に共有できるよう支援します。

それと同時に、SAP は合理化されたサービスを構築して、生産性を向上させます。行政機関と市民は同様に、シンプルかつスピーディなサービスの恩恵を受けます。

SAP:市民に参加の権限を与える

市民に権限を与えて、コミュニティに変化をもたらすような問題についての意思決定により多くの人が参加できるようにしましょう。e デモクラシーや社会情報共有に参加する機会をより多く提供しましょう。

ロケーションベースのモバイルサービスを利用して、市民が必要な時に、必要な場所で、必要なことを簡単に行えるようにしましょう。

SAP でデジタル時代の到来を告げる

SAP のオムニチャネルソリューションを使用して、中核となる「事業者と市民間」のプロセスおよびサービスを自動化し、デジタル化しましょう。市民ジャーニーをシンプル化する質の高いエクスペリエンスを提供しましょう。

ホワイトペーパー
新世代の市民へのサービスの提供

公共サービス機関も、デジタルサービスを提供する必要に迫られています。SAP は、公共サービス機関が現代の市民とつながることができるよう支援します。

ブログ記事
官公庁・公共機関がデジタル市民に対応するための 3 つの方法
市民は、より簡単でより迅速な対応方法を求めています。その取り組み方法を紹介します。