Skip to contentSkip to navigation menu

SAP Customer Consent

透明性を高め、ロイヤルティの高い顧客になってもらい、ビジネスを保護する

「認知」フェーズから「アドボカシー」フェーズ、さらにその先まで、顧客の全ライフサイクルを通じてプリファレンスと同意設定を一元管理しながら、顧客自身が自分のデータを管理できるようにします。EU 一般データ保護規則 (GDPR) などのデータ保護法に準拠し、さらに情報の透明性と統制機能を高めて、顧客と良好な関係を構築しましょう。

SAP Customer Consent:主な特長

カスタマイズ可能で即時利用可能なワークフローを実装することにより、利用条件、個人情報保護方針、Cookie 利用 (ePrivacy)、マーケティング通信、その他許可に基づいて実行するアクティビティへの明確な同意リクエストを提示します。
利用条件が変わるたびに、同意更新リクエストを自動的にトリガーします。更新は日時スタンプ付きで記録され、安全なヴォールトに保存されます。管理者はどの同意履歴にもアクセスでき、法規制に対する監査を効率的に行うことができます。

企業のデジタルエコシステムの全チャネルで同意を得られるようにします。さらに、顧客のプロファイルとプリファレンスをダウンストリームのアプリケーションやサービスと同期することによって重要なデータプライバシー要件を満たします。

顧客と企業ブランドとの関係を顧客自身があらゆる角度から管理できるようにします。例えば、顧客は、任意のデバイスまたはプラットフォームを使って自分のアカウントプロファイルからプリファレンスセンターにアクセスして、そこから自分のプロファイル情報、またはプリファレンスや同意設定を管理できるようになります。
製品概要
製品概要:SAP Customer Consent

「認知」フェーズから「アドボカシー」フェーズ、さらにその先まで、顧客のライフサイクル全体を通じてプリファレンスと同意設定を一元管理しながら、顧客が自身のデータやエクスペリエンスを管理できるようにする方法をご覧ください。

ビデオ
信頼できるデジタルエクスペリエンスを構築する

SAP Customer Consent とはどんな製品なのか、このビデオでご確認ください。企業はこの包括的なソリューションを利用することによって、2 つの重要な目標を達成できるようになります。つまり、この製品は、自分のデータを自分で管理したいという顧客からのニーズに応えるという目標と、企業が顧客データを安全で透明性のある方法で収集および管理し、GDPR といった厳格なデータ保護要件を満たすという目標をサポートします。

データ保護および個人情報保護要件に対応しながら、顧客の信頼とロイヤルティを構築する方法をご確認ください。