Skip to contentSkip to navigation menu

Gigya の SAP Customer Data Cloud

顧客と信頼できる価値ある関係を構築するためのソリューション

未知のオンライン訪問者を
既知のロイヤルな顧客に転換する

企業は、顧客層の拡大、コンバージョンとエンゲージメントの強化、長期的なブランドロイヤルティの育成、ビジネスと顧客のためのより安全かつプライバシー保護に対応したデジタルエコシステムの提供といった目標を掲げています。今日の急速に進化する市場でこれを達成するには、透明性と信頼に基づいたデジタルの顧客関係を構築するためのソリューションが必要ですが、企業が独自にこれを行うのは容易ではありません。

3 つの緊密に統合された製品から構成される、SAP Customer Data Cloud を使用することで、企業は、各種デバイスやチャネルから消費者を安全に識別して登録やエンゲージメントを推進し、消費者のライフサイクル全体を通して権限や同意を管理できます。また、データを統合型顧客プロファイルに変換して、中央の安全な環境から管理、調整、分析できるようになります。

このソリューションは、企業が顧客データから最大限の価値を引き出し、総所有コストを低減させ、市場投入までの時間を短縮できるよう支援します。

機能

SAP Customer Identity

ベストプラクティスに基づく登録やソーシャルログイン画面から、シームレスかつ安全なアクセスと、ビジネスケースに応じて容易にカスタマイズ可能なフローを顧客に提供します。権限に基づいて貴重なデータを収集し、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを推進しつつ、顧客の個人データを保護します。

SAP Customer Consent

EU の GDPR をはじめとする各地域のデータ保護規則に対応すると同時に、透明性の高いオンラインコミュニケーションと完全なライフサイクル管理を通して、顧客の信頼を高めましょう。顧客は、セルフサービス方式で直感的に利用できるプリファレンスセンターから、自身のデータを管理することができます。

SAP Customer Profile

データの縦割り構造を解消し、多種多様な属性を、あらゆるアプリケーションとサービス全体で利用できる「単一の統合プロファイル」に変換します。顧客アカウントとデータを一元管理して、より安定した統合型デジタルエコシステムを実現し、データを分析してより効果的なジャストインタイムマーケティングを推進します。

GDPR 準備は整っていますか

EU の GDPR(一般データ保護規則)は 2018 年 5 月 25 日に発効しており、コンプライアンス違反に対する制裁金は厳しいものになっています。準備は整っていますか?もしまだの場合は、GDPR レディネスツールキットをダウンロードして、今すぐ対策を開始することをお勧めします。

Find out why 700 leading global enterprises rely on our solutions to build trusted relationships with customers.