Skip to contentSkip to navigation menu

即応型品質管理

顧客の従量データを正しい場所に正しいフォーマットで取得し、効率的な収益管理を実現します。

顧客が利用したサービスに対して正確に課金・請求するには、従量データを消失、重複、破損することなくシームレスにシステムに送る機能を持つ、課金・請求管理、不正管理などのメディエーションソリューションが必要です。また、顧客が企業のインフラを効率的に使用したり顧客自身の従量制限を遵守したりする手助けなど、顧客の行動に応じて提供するサービスを管理する必要もあります。

この重要なプロセスを実行するために、SAP Hybris では、DigitalRoute によるメディエーションおよびサービス管理ソリューションを提供しています。

SAP Hybris Billing 関連コンテンツ

ビデオ
ケーススタディー:Adobe 社のデジタルトランスフォーメーションへの取り組み

Adobe 社が製品やサービスをクラウドに移行する際に、SAP Hybris Billing を活用して、課金・請求に関する課題をどのように解決したかをご覧ください。

アナリスト・レポート
MGI 360 Market Ratings Report:俊敏な課金・請求ソリューション、2016 年発行
MGI Research 社は、俊敏な課金・請求のための基準(進化する新しいビジネスチャンスを迅速に収益化する能力)をどれだけ満たしているかに基づいて、課金・請求ソフトウェアソリューションを格付けしています。その内容をご確認ください。
データシート
SAP Hybris Billing
SAP Hybris Billing は、1 回限りの製品販売からサブスクリプション型サービスへの転換、サービスと物理商品のバンドルなど、新しいビジネスモデルの収益化をサポートします。

Mediation by DigitalRoute:主な機能

使いやすいドラッグアンドドロップ型のツールによって、ネットワーク上の幅広いソースからデータを収集する方法をコントロールできます。

課金・請求管理、不正管理、サービス保証、ビジネスアナリティクスなどのシステムにルーティングする前に、データにフィルタをかけ、統合し、正しいフォーマットに変換します。

一元化されたデータ収集ハブによってデータ収集を合理化し、ダウンストリームの課金・請求システムに従量データを届けます。

リアルタイム(アクティブ)およびバッチ(パッシブ)両方の処理方式でのメディエーションのニーズを、単一のプラットフォームで管理します。

クラッシュに強いソリューションから正確なデータを収集することにより、請求ミスを減らします。

稼動率 99% が保証された新しいサーバーを追加することにより、拡張が可能です。

Service Control by DigitalRoute:主な機能

必要なデータだけを送ることにより、ダウンストリームのシステムにかかる負荷を軽減します。

サブスクリプションの個人契約者のレベルに至るまですべてのサービスを管理します。

顧客が使用しているサービスを測定し、彼らが設定したサービス上限に沿った対応をします。

サービス提供プラットフォームすべてに対して単一のサービス管理システムを使用することにより、コストを削減し、複雑さを解消します。

顧客の支出をモニタリングし、設定されたポリシールールに従ってリアルタイムで対応することにより、顧客満足度を向上させます。