Skip to contentSkip to navigation menu

SAP Positioned by Gartner in 2017 Magic Quadrant Report for Multichannel Campaign Management

SAP NEWSBYTE – April 26, 2017

SAP、ガートナー社の2017年マジック・クアドラント・レポートで、 マルチチャネルキャンペーン管理分野の「リーダー」に認定

(本リリースは、4月26日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

オムニチャネルのカスタマーエンゲージメント&コマース・ソリューションを提供しているSAP SE(NYSE:SAP)は本日、2017年にガートナー社が発行したレポート「Magic Quadrant for Multichannel Campaign Management(マルチチャネルキャンペーン管理分野のマジック・クアドラント)1」において、 SAP®Hybris® がリーダーに認定されたことを発表しました。本レポートでは、ビジョンの完全性と実行能力に基づいて、マルチチャネルキャンペーン管理のソリューションを提供する企業22社を評価しています。

本レポートでは、次のように説明されています。「マルチチャネルキャンペーン管理(MCCM)市場では、さまざまなチャネルにおける個人のお客様および顧客セグメントに向けた、カスタマーエンゲージメントとマーケティングコンテンツを統合管理する製品が提供されています。チャネルにはWebサイト、メール、モバイル、ソーシャル、プログラマティック広告、コールセンター、ダイレクトメールなどが含まれます」。またリーダーについては、「デジタルマーケティングとの統合を含む、一般的なキャンペーンから先進的なものまで、キャンペーン管理全体のパフォーマンスが一貫して非常に優れており、市場での勢いも力強く、高い認知度と占有率を誇り、キャンペーン管理ビジネスの成長に向けて戦略的なビジョンを掲げている」と定義しています。 

SAP Hybris の最高戦略責任者であるブライアン・ウォーカー(Brian Walker)は、次のように述べています。「今日のマーケターにとって、さまざまなチャネルにおける、あらゆる顧客セグメントを対象にした複雑なキャンペーンを、シームレスに統合管理することは、最重要項目となっています。今回のマジック・クアドラント・レポートで、マルチチャネルキャンペーン管理のリーダーとして評価されたのは、当社がこうしたマーケターのニーズに応えるため、フロントオフィスのアプリケーションを統合する、高いパフォーマンスを誇るマーケティングソリューションの実現に取り組んできた結果といえます」。このマーケティングソリューションは、SAP Hybris Commerce Cloud、SAP Hybris Sales Cloud、SAP Hybris Service Cloudの各ポートフォリオで構成されています。  

マジック・クアドラントについて

ガートナー社はリサーチ発行物で取り上げたいかなるベンダー、製品、サービスの宣伝も行いません。また最高評価やその他の称号を獲得したベンダーだけをテクノロジーの利用者に推奨するものでもありません。ガートナー社のリサーチ発行物は、ガートナー社のリサーチの見解を表すものであり、事実を示すものではありません。ガートナー社はこのリサーチに関し、明示あるいは黙示を問わず、商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

SAP Hybrisについての詳細は、ニュースセンターをご覧ください。SAPについての詳細は、SAPプレスルームをご覧いただくか、Twitterでは@sapnewsでSAPをフォローしていただけます。

 

1. ガートナー社:「Magic Quadrant for Multichannel Campaign Management」(Adam Sarner、Mike McGuire、Jennifer Polk、Noah Elkin、2017年4月11日).