Skip to contentSkip to navigation menu

The Forrester B2B Commerce Suite Wave


ハイブリス、グローバルな独立系調査会社のレポートにおいてB2Bコマース・スイート分野の「リーダー」に認定

堅固で拡張性のある柔軟なアーキテクチャ、組み込み型の企業向け製品管理機能、 強固なパートナー・エコシステム、主要なコマース機能やカスタマーエンゲージメントおよび マーケティング・ソリューションとの連携が評価され、 「戦略」と「市場プレゼンス」のカテゴリーにおいて全ベンダーの中で最高得点を獲得

2015年6月30日 ハイブリスソフトウェア(an SAP Company)は本日、フォレスター・リサーチ社が発行したレポート「The Forrester Wave™: B2B Commerce Suites, Q2 2015」(2015年6月26日付)において、B2Bコマース・スイート分野のリーダーに認定されたことを発表しました。

SAP CEC&ハイブリスの最高戦略責任者であるブライアン・ウォーカー(Brian Walker)は、次のように述べています。「デジタル・ディスラプションとオンラインへの傾向は、業種や規模を問わず、あらゆる企業に影響を及ぼしています。企業が一貫して、ウェブ、モバイル、そしてすべての顧客との接点(タッチポイント)で、非常に優れたコマース体験を提供することが不可欠になっています。B2B企業はお客様からの要求の高まりに応える必要があり、ハイブリスがフォレスターの最新レポートにおいて、B2B企業による革新的な戦略の実行をサポートする能力があると認められたことをうれしく思います」

「The Forrester B2B Commerce Suite Wave」レポートには、次のように記載されています。「SAPのCPQツールとの統合、DataHub(SAP ERPとの強固な統合を実現する統合/データ変換ツール)の開発、顧客/組織の階層への注力、まったく新しいレスポンシブ対応のB2Bリファレンス・ストアなどのB2B機能に対し、過去2年以上にわたり、ハイブリスは大規模な研究開発投資を行ってきました」

本レポートには、ハイブリスがB2Bの見込み顧客を魅了し続けている背景に、以下6つの大きな理由があると記述されています。

1) Javaベースの最新アーキテクチャ
2) 組み込み型のエンタープライズ向け製品コンテンツ管理(PCM)機能
3) 個別のビジネスシナリオを解決する柔軟なプラットフォーム・フレームワーク
4) SAPのERPおよびCPQソリューションとのリファレンス統合フレームワーク
5) 強固なパートナー・エコシステム
6) 主なコマース機能および関連するカスタマーエンゲージメント&マーケティング・ソリューションにおけるハイブリスの実績

さらに、レポートには次のように記載されています。「米国のB2Bのeコマース市場は、2020年には1兆1,130億ドル規模に達する見込みです。しかし、B2BがB2Cの2倍の市場規模であり、急速に成長しているという事実にも関わらず、デジタル化の成熟度や提供される顧客体験の品質の点では、B2B企業は依然、B2C企業に比べて大きく遅れを取っています。さらに、多くのB2B企業は、業界の内外で発生している、予期せぬ新たな競争を受け入れる必要があります」


本レポートは、B2Bコマース・スイートの提供ベンダー8社を評価したもので、ハイブリスは「戦略」と「市場プレゼンス」のカテゴリーで最高得点を獲得しました。ベンダー各社の評価基準は以下の通りです。
  • 複雑なB2Bの販売チャネルをサポートする製品
  • 大企業のB2Bコマースに対する多大なサポート実績
  • フォレスターの定義する「コマース・スイート」をサポートする製品またはパートナーシップ
  • 売上高1,000万ドル以上の収益性または安定性のあるビジネスと顧客の機運
  • フォレスターの顧客基盤における認識

本レポート(英語版)は下記のURLよりダウンロードできます。
https://hybris.com/downloads/analyst-report/forrester-wave-b2b-commerce-suite-2015/721.