Skip to contentSkip to navigation menu

hybris Financial Services Accelerator


ハイブリス、eコマースの導入を迅速化する
金融サービス特化型のアクセラレータ・ソリューションを発表

2015年6月16日 ハイブリスソフトウェア(an SAP Company)は本日、保険会社などの金融サービス企業に特化したオムニチャネル・コマース&顧客体験ソリューション「hybris Financial Services Accelerator(ファイナンシャル・サービス・アクセラレータ)」の提供を開始しました。このアクセラレータ・ソリューションは、すぐに使えるよう構成済みの統合機能とカスタマーポータルのテンプレートをセットで提供しており、金融サービス企業は合理的かつパーソナライズされたオンラインの顧客体験を短期間で提供できるようになります。

hybris Financial Services Acceleratorは、オムニチャネル・ソリューションをリードするハイブリスが初めて提供する金融サービス向けソリューションです。保険業界のみならず、金融サービス業界全体で、そのカスタマージャーニーは複雑化しています。社内で発生するワークフローの多さに加えて、優れた顧客体験の実現には高水準のパーソナライゼーションが求められることから、管理すべき業務は複雑かつ膨大です。こうした状況にも関わらず、デジタルやネットワークに精通した今日の顧客は、あらゆるチャネルとタッチポイントにおいて、すべての体験がシームレスで、一貫性があり、簡単であることを期待しています。

今回発表されたハイブリスの新製品「hybris Financial Services Accelerator」を使用することで、金融機関、とりわけ保険業者は、デジタルとリアルなCEC(カスタマーエンゲージメント&コマース)を融合した世界を、いち早く効率的に活用できるようになります。オムニチャネルのeコマース、リアルタイムでコンテクスチュアル(=状況に即した)なマーケティングとパーソナライゼーションなど、変革技術の実装に要する時間を大幅に短縮することで、企業は自社システムを見直しにおける混乱を最小限に抑え、ROIを短期間で達成できます。

hybris Financial Services Acceleratorを使用することで、顧客の要求の高まりに応えるオムニチャネル・ソリューションを、迅速かつ明確に実現できます。損害保険、旅行保険、イベント保険のポリシーに関する構成済みのテンプレートと統合機能により、サービスの立ち上げも迅速・容易に行えます。その他の特長としては、商品と見積もりを統合するオープンなインターフェイス、購入プロセスにおいて顧客を誘導するガイド付き販売のオプション、より効果的な販売を実現するカスタマーポータル、見積もりを保存・検証する「見積もり検証ページ」があります。

SAP CEC&ハイブリスの金融サービス担当グローバル・ディレクター、ロナルド・ブローシュ(Roland Bloesch)は、次のように述べています。「業界を揺るがすほどの変化が非常に多いため、金融サービス企業は、カスタマージャーニーにおけるデジタル変革の必要性を理解しており、リテール部門にはインスピレーションが求められています。ハイブリスのアクセラレータ・ソリューションにより、リスクと複雑さを排除し、導入期間を短縮できるので、金融サービス業界は、顧客体験強化への舵きりをいち早く進めることができます」

充実した商品コンテンツやパーソナライズされたランディングページなどの機能を通じ、本ソリューションは検索エンジン最適化(SEO)にも対応しており、限られたマーケティング予算をより有効に活用し、カスタマーポータルに対して関連性の高いトラフィックを増やすことが可能です。

上記以外の特長として、チャット機能内蔵のAssisted Services Solutionがあり、代理店は、顧客のオンライン上での先払いや見積もりの内容を引き継いで、その場で商品サポートを提供することも、すぐに注文を完了させることも可能です。これにより、顧客満足度や成約率が高まり、顧客の離脱を防ぐことができます。