Skip to contentSkip to navigation menu

ウィーン – 2013年12月3日

レッドブルが、ハイブリスのソリューションを活用した 最先端のグローバルB2Bポータルを発表

hybris B2B Commerce Suiteにより、グローバルの小売業者や流通業者向けに 柔軟かつ使い易いオーダー管理ポータルを実現

急成長のコマース・プラットフォーム・プロバイダである独ハイブリスソフトウェア(an SAP Company)は、レッドブルが hybris B2B Commerce ソリューションを活用し、新たにB2B向けグローバル・オーダー管理ポータルを構築したことを発表しました。SOET 2.0ソリューションとして知られるこのポータルは、複数のチャネルを通じて飲料を発注するグローバルな小売業者や流通業者に向けて、迅速かつ容易なオーダーエントリーのための柔軟性の高いソリューションを提供します。同ポータルは、2013年3月にローンチされ、6月にはグローバルで本稼働となりました。今では79ヶ国で、ハイブリスのB2B Commerceソリューションを活用したレッドブルのオーダー管理ポータルが提供されています。

ディートリッヒ·マテシッツ(Dietrich Mateschitz)氏が1980年代半ばに設立し、極東の機能性飲料に触発されたレッドブルは、今では165ヶ国を超える国で親しまれています。グローバルにおける拡大戦略の一環として、同社は、既存のインハウス・ソリューションの全機能を単一の柔軟なプラットフォーム上で提供できるオーダー管理ソリューションを探していました。ハイブリスのソリューションを選択するまでは、レッドブルは自社開発のインハウス・ソリューションを利用していましたが、小売業者や流通業者向けにより迅速かつ効率的な購入体験を提供するソリューションを必要としていました。

レッドブルには、B2Bのお客様に他には無いレベルの高いサービスを提供できるコマース・プラットフォームが必要でした。新しく革新的なB2Bオンラインストアの柔軟性により、高度にパーソナライズされた購入体験を構築するユーザーインターフェースを提供できます。

ハイブリスは、柔軟な機能群、レッドブルのSAPの既存ERPシステムとの統合が容易な点、そしてGartner社1のランキングの高さで評価されました。さらに、実装の際に明らかとなった利点として、同社のマスターデータ管理とオーダー・オーケストレーション機能があります。これにより、直感的なユーザーインターフェースの提供と顧客の注文プロセスの大幅な合理化を実現したほか、同社の総保有コストを最小限に抑えることに成功しました。

新しいプラットフォームは、B2B取引のために設計され、すぐに使えてカスタマイズも可能なマルチチャネルのフレームワークであるhybris B2B Commerce Acceleratorを利用し、ハイブリスのパートナーであるecx.ioによって実装されました。ソリューションの柔軟性により、レッドブルの直接および間接の販売モデルのサポートが可能となり、広大な地域を周辺の小さなランドスケープの販売ハブとして扱えるようになりました。さらに、拡張性のあるオーダー追跡システムにより、幅広いフォーマットにエクスポートできるほか、B2Bポータルに必要となる個別の購入条件を開発することも可能となりました。 ハイブリスソフトウェアのシニア・バイスプレジデントであるマーク・ホーレンシュタイン(Mark Holenstein)は次のように述べています。

「B2B市場は非常に複雑ではありますが、基本はB2BとB2Cの双方に適用します。新規顧客の獲得と顧客維持には、顧客が望むことを実現する必要があります。レッドブルのような業界をリードする企業はこの必要性を理解しています。顧客満足とコンバージョン率や収益を最大化するために、生産性の高い、最先端のビジネス顧客体験を提供すべくブランド企業とビジネスを共にできることを誇りに思います」

hybris B2B Commerceの詳細についてはこちらをご覧ください。 http://www.hybris.com/en/products/b2b-application