Skip to contentSkip to navigation menu

ミュンヘン − 2013年5月16日

ハイブリス、一流の業界アナリストによるマジック・クアドラント・レポートにおいてリーダー企業に選定

世界で最も急成長しているコマース・プラットフォーム・プロバイダーである独ハイブリス社は、本日、米大手調査会社ガートナー社が2013年5月8日付で発行した「Magic Quadrant for E-Commerce」において、2年連続でリーダーに位置付けられたことを発表しました。2011年の大幅な成長に続き、ハイブリスはこの市場における主要な独立系eコマースおよびオムニチャネル・ベンダーとしての地位をさらに強固なものとした結果、ガートナー・レポートにおけるリーダー評価につながりました。

ハイブリス最高経営責任者 (CEO) のアリエル・リューディ (Ariel Luedi) は次のように述べています。
「ハイブリスと並ぶ競合大手2社の企業規模を考えると、今回のレポートは、ハイブリスが今日の市場において最も魅力的なeコマース・ソリューションでありオムニチャネル・ソリューションに位置付けられているとことを確認させてくれるものでした。競合する大企業も中小ベンダーも、パフォーマンス、価値、機能面においてハイブリスに苦戦しています。私たちは今後12ヶ月の間に2012年と同様のシェア拡大を予想しています」

ガートナー・レポートによると、『組織は、eコマース·アプリケーション·ポートフォリオの最適化と、B2B/B2Cの顧客ニーズに応えられる単一プラットフォーム上でB2B/B2Cアプリケーションを統合することに焦点を当てています。また企業は、お客様の評価を重要視しており、B2B/B2Cの要件を満たすプラットフォームとして掲載されることに重きをおいています。B2Bのeコマースでは、企業のお客様自身がよく利用する消費者向けサイトで提供される動的カタログ、リコメンデーション・エンジン、パーソナライゼーション機能に類似、もしくはそれ以上に優れたユーザー体験の提供を期待しているため、より密接にB2Cのコマースの体験を取り入れ始めています。ハイテク、製造業、ビジネスサービス、ライフサイエンス、金融サービスを営む企業は、直接販売または間接販売の仕組みを再現する、もしくは一部では置き換えるようなECサイトや、常時利用可能なオンライン販売のサービスを顧客に提供するECサイトを構築しています。』

プレスリリース中のガートナー・レポートの出典:

Gartner, Inc. “Magic Quadrant for E-Commerce”, by Gene Alvarez, Praveen Sengar and Chris Fletcher, dated 8 May, 2013.

このレポートのダウンロードをご希望の方は www.hybris.com/gartner-2013 をご覧ください。

 

ガートナーのマジック・クアドラントについて

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。