Skip to contentSkip to navigation menu

オーランド –  2013年5月14日

ハイブリス、SAPとの統合をSapphire NOW 2013で発表

SAPと統合されたhybris Commerce Suiteを、hybris Extendマーケットプレイスを通じて顧客とパートナーが利用可能に

主要業界アナリスト会社に「リーダー」とランク付けされた、急成長のコマース・プラットフォーム・プロバイダである独ハイブリス社は、本日、hybris Extendマーケットプレイス (http://www.hybris.com/en/partners/hybris-extend). 上で利用可能なhybris Commerce SuiteとSAPとの完全な統合ソリューションを発表いたします。この統合により、ハイブリスの顧客およびパートナーは、SAP ERP(統合基幹業務システム)と迅速かつ容易に統合することが可能となります。ハイブリスはこの統合について、オーランドで本日より開かれるSAP社のイベント「Sapphire NOW」 (ハイブリスのブース番号: 1633) で正式に発表する予定です。

ハイブリスのOmniCommerce (オムニコマース) 戦略に基づく今回の統合により、小売業者や企業は、ハイブリスのオープン・アーキテクチャを通じて、購買プロセスにおけるどんな販売チャネルや接点からでも単一かつ一貫した顧客体験を得ることができるようになります。これにより企業は、多くのベンダーが行う「リップ&リプレース (システムの総入れ替え) 」方式のアプローチを回避できるとともに、より良い顧客体験を提供できる新しい方法によって、システムランドスケープ全体のポテンシャルを活用することが可能となります。

ハイブリスの北米チャネル担当副社長 パトリック・フィン (Patrick Finn) は次のように述べています。 「eコマース戦略を推進するメーカーや販売代理店は、ERPシステムとコマースシステムをいかに容易かつ低コストで統合できるかという課題に直面しています。グローバルで100社を超える顧客が、すでにハイブレスの提供する最先端のコマース・プラットフォームとSAPを組み合わせて使用しており、今回の統合を実証しています。私たちの顧客とチャネルパートナーの大きな財産となる新しいフレームワークは、統合プロセスをより速く、より簡単に、より安くします。さらに、組織は高価なコンサルティングを回避し、プロセスおよびシステム統合管理に要する時間を節約可能で、よりスリム化され、より効果的なプロセスを経験することになるでしょう」

 

  • ハイブリスの顧客とパートナーの双方におけるその他の利点は、以下の通りです。
    • hybris Commerce Suiteの導入により、SAP統合の開発を回避でき、時間と費用を縮小
    • SAP ERPとhybris Commerce Suite間のカタログおよびトランザクションデータを同期
    • 分散型データキャッシングにより、ページの読み込み時間を短縮
    • SAPデータをもとに配送料と税金を計算し、第三者サービスにかかる費用を削減
    • 在庫量の少ない商品のためのリアルタイムSAP在庫管理をサポート
    • hybris Commerce SuiteとSAP間におけるクレジットカード・トークンの共有により、ERPによる支払いの把捉が可能

 

ハイブリスおよびSAP共通の顧客の1社に、補聴器ソリューション開発のグローバルリーダーである、スイスのフォナック社(www.phonak.com)があります。フォナック社のインタラクティブマーケティング シニアプロダクトマネジャーのオーレ・ヴォグト(Ole Vogt)氏は次のように述べています。

「私たちはハイブリスがhybris Extendマーケットプレイス上で、ISVパートナー統合を推進していることをうれしく思います。SAPとの正式な統合フレームワークは、私たちや他のハイブリスの顧客にとって、非常に重要で大きな進歩です。私たちは、これが全体的な実装のリスクを軽減するとともに、実装時間を著しく高速化すると考えています」

SAPを利用している他のハイブリスの顧客には、ネスプレッソ、W.W.Grainger、リーバイスなどがあります。

ハイブリスのSAPとの統合に関するより詳しい情報は、以下をご覧ください。

http://www.hybris.com/en/partners/hybris-extend