Skip to contentSkip to navigation menu

最新レポート
2017年 SAP HYBRIS
消費者インサイトレポート: 日本

日本では、ブランド企業が勝手に消費者の個人情報を使用してしまうと、消費者の 84% はそのブランドのリピーターとして定着しにくいことをご存じでしたか?

(出典: 2017年 SAP Hybris 消費者インサイトレポート)

良好な関係性を維持しつづけることは、現代ではより難しくなってきています。デジタルイノベーションは今やいたる所で実現され、初めてのデートから恋愛に至る道までにも変革がおよんでいます。ブランドと消費者の関係においても同様です。デジタルエコノミーにより、消費者はよりパワーを持つようになりました。今や消費者は、ブランドに提供して欲しいことにさらに高い期待を持っています。

SAP Hybris は、2017年 3月に消費者インサイト調査を行ないました。ブランド企業が消費者への理解を深め、リピート顧客を獲得していくためのヒントを得てもらうためです。調査では、1,000人を超える日本人消費者を対象に、ブランド企業のデータ収集、個人情報保護を含めたプライバシーの取り扱い、顧客対応などを含め、ブランド企業に接するときに感じていることについて質問しました。

日本の調査は、オーストラリア、シンガポール、タイ、インド、韓国、中国など、7,000人を超えるアジア太平洋地域の消費者を対象に行ったアンケート調査の一環として実施されました。SAP Hybris では、この膨大な統計やアンケート結果をもとに、デジタル顧客エンゲージメントや消費者の嗜好を分析し、分かりやすくレポートにまとめました。

レポートは、こちらからダウンロードしてお読みいただけます。

日本語版と英語版があります。顧客の理解にぜひお役立てください。

他にも情報をお探しですか?

上記レポート以外にも、アジア太平洋地域や、他の国々で調査したレポートもご覧いただけます。

文化が果たす役割は重要です。消費者とブランドの関係性は、それぞれの国で独自に形作られます。各国のレポートでは、各マーケットで、ブランドとの関係を築く際に、消費者が何を求めているかの詳細なインサイトが報告されています。

以下のリンクからダウンロードしてご覧ください。