Skip to contentSkip to navigation menu

最新レポート
2017 年 SAP Hybris
消費者インサイトレポート:APAC

消費者を理解し、顧客に選ばれるには?

現代において、良好な関係を継続することはなかなか難しいものです。デジタルイノベーションは、恋愛でいうところのデートから愛に発展するまでの従来の道のりに挑戦してきました。ブランドと消費者の関係においても同様です。

デジタルエコノミーにより、関係性の中で力を持っているのは消費者です。消費者が買いたいものをリサーチする際、オンラインフォーラムやソーシャルメディア、各種レビューといった複数ソースの情報にアクセスします。その結果、消費者がブランドに実現してほしいことのレベルがいっそう高まっています。

SAP Hybris は、2017 年 3 月、消費者がブランドと関わる際に何を期待しているかをより深く理解するために、アジア太平洋地域 (APAC) の 7,000 人以上の消費者を対象に調査をしました。調査は、消費者がなぜ関係を築こうと思うのか、何がカスタマーエクスペリエンスを作り、壊すのかを探る構成になっており、オーストラリア、シンガポール、タイ、インド、日本、韓国、中国の幅広い年齢層を調査しました。

レポートは、こちらからダウンロードしてお読みいただけます。

日本語版と英語版があります。顧客の理解にぜひお役立てください。

2017 年 SAP Hybris 消費者インサイトレポート(国別)

APAC 版以外にも、各国で個別に調査したレポートをダウンロードいただけます。

文化が果たす役割は重要です。消費者とブランドの関係性は、それぞれの国で独自に形作られます。各国のレポートでは、各マーケットで、ブランドとの関係を築く際に、消費者が何を求めているかの詳細なインサイトが報告されています。以下のリンクからダウンロードしてご覧ください。