Skip to contentSkip to navigation menu
Analyst Commissioned Research

統合の課題に関するフォレスターのソート・ペーパー

ハイブリスの依頼により、フォレスター・コンサルティング社が行った調査によると、企業各社は、自社の製品コンテンツの質と eコマースによる収益との間に、明確な相関関係があることを認識しています。しかしながら、実際はコンテンツが溢れている状況ではないでしょうか。

一貫性のあるブランド体験を提供しようとする企業にとって、コンテンツとチャネルが溢れる状況は課題となっています。企業は、「混在するテクノロジーとアプローチに混乱しており、それがしばしば、顧客体験を断片化してしまっています」

一貫性のあるブランド体験を構築する際の課題を検証するため、フォレスターは、北米とイギリスの 150 を超える企業を調査しました。回答者の半分以上が、12種類以上の顧客接点をサポートしており、そのうち 1/3 以上は、コンテンツ管理に自社システムを使用していました。また41% は eコマース・プラットフォームの Webコンテンツ管理機能を利用していましたが、その 1/4 近く(23%)は、各社のニーズに対応するため、e コマース・プラットフォームをカスタマイズしていました。スタンドアロンの Webコンテンツ管理システムからは離れていることが分かります。

またこの調査は、マーケティングと e コマース間の組織の壁が、一貫性のあるブランド体験の提供にどう影響するかについても示しています。二つの組織は、デジタル配信において異なるさまざまな部分を担当しており、このようは壁をなくすべきであることは明白です。


 

フォレスター・ソートリーダーシップ・ペーパーをダウンロードして、以下をご確認ください。

  • コンテンツ、eコマース、および顧客接点の管理を統合する、顧客エンゲージメントや顧客体験の構築手法
  • コンテンツの質に投資する際にビジネス・リーダーが重視する優先事項
  • 統合コンテンツ戦略を策定する際、またコンテンツ管理システムへ投資する際の企業における最大の課題
  • これらの課題に対し、小売業と製造業がそれぞれどう取り組んでいるかの比較
  • 一貫性のあるデジタル体験を推進するためのテクノロジーに関するアドバイス

Inspired? Join the conversation on LinkedIn and Twitter.
 

次の言語ではご利用いただけません:日本語

その他の言語を選択
その他の言語を選択
English